血圧と健康食品

栄養剤

高血圧は定期的な血圧測定をしないと、自分でも気づかないことがあります。高血圧の状態は、様々な病気のリスクを高めますので要注意です。高血圧を予防するためには、血流を改善するサプリメントを利用するのが一つの方法となります。

もっと読む

目の病気に効果的なサプリ

果物

目に関する様々な病気の対処法としておすすめなのが、ルテインのサプリメントです。ルテインは、目の病気の原因となっている活性酸素を取り除く働きがあります。またルテインには2種類あり、自分に合ったものを使うようにするとより高い効果を期待出来ます。

もっと読む

無くては困るけど

錠剤

ldlコレステロールと言うとピンとこない人でも、悪玉コレステロールと言えば納得するでしょう。コレステロールにはldlコレステロールともう一つ、hdlコレステロールがあります。hdlコレステロールは、いわゆる善玉と呼ばれるものです。善玉悪玉と名前がついているからには、さぞかしldlコレステロールは悪さばかりするのだろう、と思われるかもしれません。しかしldlコレステロールも体内には欠かせないものです。ただ量が多すぎるから、悪い面が目立ってしまうだけなのです。逆にhdlコレステロールは、少なすぎると問題が起こります。どちらも適量でないと、体に悪影響を及ぼします。特に、ldlコレステロールが多いと、さまざまな病気を引き起こします。

ldlコレステロールの役割は、体中にコレステロールを運び届けることです。コレステロールは、細胞膜や副腎皮質ホルモンの材料になるなど、なくてはならないものです。これらを運び届ける役目を持っているのに、何故悪玉なんでしょうか。それは、ldlコレステロールが多すぎると、コレステロールを過剰に運んでしまい余ります。それが血管に放置されるからです。放置されたコレステロールは血管にへばりつき、動脈硬化を引き起こします。善玉には、その余ったコレステロールを回収する役割がありますが、あまりにコレステロールが多すぎると、回収しきれずに残ってしまいます。このように、ldlコレステロールは最初から悪者ではありません。量の問題なのです。コレステロールを多く含む食品の摂取を控えるとともに、DHAやEPAを多く含む青魚を積極的に食べましょう。これらの成分を含むサプリを併用すると、更に効果的です。

女性のための健康食品

バスト

プエラリアは、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。若い世代の女子力アップ効果、40代、50代などの更年期障害対策にとさまざまな世代の女性にとって、嬉しい健康食品です。一方で、飲みすぎると、副作用をもたらす可能性もあります。用量は守らなければなりません。

もっと読む